多くの人が悩んでいるアトピー【肌のコンプレックス解消】

手にした錠剤

良いものと悪いもの

観葉植物

意外に知られていないです

アトピーにあまりよくない食事として、意外に知られていないのは動物性たんぱく質です。動物性たんぱく質は体内で腐敗しやすいことから、腸内環境を乱すもととなります。腸内環境とアトピーは密に関わっていると言われており、腸内環境が悪くなると体内のデトックスが思うようにいかず、結果皮膚の湿疹として毒素が排出されるとされています。特に、油脂分の多い動物性たんぱく質ほど腸内で腐敗しやすい傾向にあります。そのため、アトピーを悪化させないように動物性たんぱく質を控え、植物性たんぱく質中心の食事が必要となります。また、ハムやウインナーなどの加工品なども食品添加物を多く含んでいる傾向にあるため、動物性たんぱく質と同様控える必要があります。

健康食品も上手に使います

アトピーの時に控えたい食品に対して、アトピーの際に積極的に摂りたいものとして、オメガ3脂肪酸、亜鉛、ビオチン、セラミドなどがあげられます。オメガ3脂肪酸に関しては主にえごま油に多く含まれています。亜鉛に関しては牡蠣に多く含まれています。しかし、えごま油や牡蠣などは普段頻繁に摂取できる食品ではないため、健康食品での摂取の方がある意味気軽に行いやすいことが言えます。また、ビオチンやセラミドに関しては普段の食事での摂取は難しいため、こちらは健康食品等での摂取が中心となります。 勿論、効果のある成分を摂取することはアトピー改善を見込めますが、効果が表れるのに時間がかかるのも事実なので効果を焦らず摂取を続けることが大切となります。