多くの人が悩んでいるアトピー【肌のコンプレックス解消】

錠剤

大豆はタンパク質が豊富

青い錠剤

種類を選択することが必要

たくさん存在するアレルギー性疾患の中でも、現代社会になって増加したのがアトピー性皮膚炎です。このアトピーという言葉は、不思議という意味があります。医学の用語に不思議という意味の言葉を使用するのは、原因が不明瞭であるためです。しかし最近は、アトピー性皮膚炎の研究が進んだことによって、不明瞭な部分が少なくなってきました。そうした中で分かってきたのが、アトピー性皮膚炎に乾燥が関与するということです。皮膚が乾燥するということは、皮膚の潤いが低下した状態になっています。その点でタンパク質は、潤いと関与するコラーゲンの主原料のアミノ酸が、豊富に含まれているのです。いっぽうで、タンパク質の中には、アトピー性皮膚炎を悪化させ易いものも存在します。したがって、アトピー性皮膚炎でタンパク質を摂取する際には、種類を選択することが必要です。

大豆が人気です

その点で牛や豚やニワトリなどは、アトピー性皮膚炎を悪化させ難いタイプの、タンパク質を含みます。しかし、こうした肉類は、脂肪分が多い傾向があります。とくに日本で流通している肉類は、脂肪分を多く含んだものが、西洋よりも多くなっているのです。脂肪分が多い食生活を送ると、生活習慣病のリスクが高まります。ところが日本人は昔から、肉類の代わりに大豆をたくさん摂取してきました。大豆には、たくさんタンパク質が含んでいて、畑の肉とも言われているのです。畑の肉と言われていますが、脂肪分に関しては、肉類よりも少なくなっています。こうしたことが分かってきたので、最近はアトピー性皮膚炎の食事に、大豆が人気になっているのです。ただし、一点だけ注意すべき重要な点があります。それは、大豆が原因でアトピーになってしまうこともあるということです。大豆アレルギーによるアトピーの場合だと全く逆効果になってしまうため、まずは何が原因のアトピーなのかしっかりと把握するようにしましょう。

良いものと悪いもの

観葉植物

動物性たんぱく質が、アトピーを悪化させる可能性が高い食品として挙げられ、特に油脂の多い部分がよくないとされています。一方で、アトピー改善に良い成分もあり、オメガ3脂肪酸、亜鉛、ビオチン、セラミドなどがありますが、健康食品を上手に用いてこれらを摂取するとよいです。

View Detail

サプリが使えます

ストレッチする女の人

アトピーは医療での改善は難しいですが、サプリメントでの改善は可能で、今後多くの人に用いられることが考えられます。 また、近年乳酸菌サプリメントが人気ですが、その中でも特に子どもでも飲めるものが選ばれています。

View Detail

上手に活用するとよいです

笑顔の婦人

アトピーのアプローチポイントはいかに生活習慣の乱れやストレスによる身体への影響を立て直すか、化学物質により触れないようにするか、粗食にするかが挙げられますが、その際に上手にサプリメントを用いるとよりよく改善が可能となります。

View Detail